半村商店 実験農場 報告書

当店の肥料で実験農場として試してもらう事になりました。毎年、黒腐菌核病に悩む圃場での実験です。基本的には、キメラ以外は昨年と変わりない栽培方法です。

土壌検査の結果、石灰・苦土がかなり不足しているので苦土生石灰を少し多めの10袋とステビアCa3袋を投入。

1週間後に堆肥を今まで入れたことがなく圃場が固めだったので、完熟醗酵牛ふん堆肥40L x 100袋を投入。 元肥には複合微生物群キメラ12k x 3袋と新時代有機肥料7-8-5 20K x 6袋を同時に施肥。セル苗の状態は順調です。

土壌改良のためキメラを投入
キメラと肥料定植時のセル苗

5月21日に定植。

6月14日、同時期にセル苗を定植した圃場との比較
キメラ使用区他の肥料使用区

通常の状態まで生育し、他社肥料使用区と比較すると葉色の状態も良く、病気が出ている様子はなし。

7月5日、一回目の土上げ(追肥)新時代7-8-5 20K x 5袋を施肥。このころから病気、虫予防の為、農薬散布をこまめに散布。 農薬散布はすべて任せてあったので一切、口を出していません。

7月24日二回目の土上げ新時代7-8-5 20K x 5袋新時代りん酸P3220K x 5袋施肥。

9月4日土壌検査を実施。PHが低く、三回目の土上げ時ステビアCa 20K x 3袋施肥し、改良を行うと同時に新時代7-8-5 20K x 5袋施肥。

10月以降はステビアCaが効いてきた様子。葉色、太さ順調に生育。

収穫間際の様子

ねぎは収穫まで気が抜けないので、病気、虫予防の為、要所で農薬を散布しました。

収穫の様子
しっかりした根こんなに立派に育ちました

協力させて頂いた圃場は毎年、細いねぎが大半を占めていたが、今回はAMは勿論、AMより上のサイズがたくさん収穫出来ました。 市場でも最高値を出すなど評価は良く、前年に比べると収益も上がっています。

また、食味の方は他の畑のねぎと食べ比べてみると、柔らかく、甘みがあり、当社肥料の持ち味が十分に発揮出来たと思います。

本題の黒腐菌核病ですが、今回の実験農場では一切出ていません。
時期的なものも関係してくると思いますが、この段階ではうまくいったかなと思います。

野菜の収穫例

根の成長比較
根の成長具合を比較しました。
キメラのみの場合が一番成長具合がいいようです。


キュウリの色比較
キュウリの色の比較です。
左側がキメラを使用したキュウリで、濃い緑色をしています。


ほうれん草の収穫例
ほうれん草畑での収穫例写真です。


野菜たちの収穫例
家庭菜園で収穫された無農薬野菜。
埼玉県坂戸市Ⅰさん。


白菜の収穫例
有機栽培の白菜畑の様子です。
埼玉県東松山市Sさん。


キュウリの収穫例
キュウリの収穫例です。


スイカの収穫例
こんなに大玉のスイカができました。